2021.5.28

『フロスの大切さについて』

『歯に対する意識の違いについて』
皆さんハミガキの時どんなケア用品を使っていますか?東京都が行った「いい歯東京」という調査では、歯ブラシと一緒にフロスも行っている方は全体の2割弱でした。アメリカでの同様のアンケートでは6割程度の人がフロスを併用しているという結果が出ています。歯の予防ケアに対する意識の違いが大きく出ています。海外では、虫歯になる前に予防することが当たり前なのに対して、日本ではまだまだ虫歯になったら削って詰めれば良いと考えている人が多くいます。歯を削るとその歯自体の寿命も減ってしまいます。削って詰めたら虫歯は終了という考えは間違いです。削って詰めた後も、しっかりメンテナンスをしておかないと再発します。
『実はめちゃくちゃ大事!!ハミガキと一緒にフロスを使いましょう!!』
冒頭で話したフロスについてですが、これが虫歯予防に大きく関わってきます。日本では歯ブラシで磨いて歯磨き終了としている人が多いのに対して、海外ではフロスを併用する人が多いです。これは予防に対する正しい知識と意識の差がそのまま出ている結果となっています。結論から言うと、フロスを併用したハミガキを行ったほうが絶対にいいです。というより、必ずフロスを使うことを推奨します。時間が無くて出来ないという方は、夜の歯磨きのときだけで大丈夫なので、フロスを併用してください。歯ブラシだけでは、歯と歯の間の汚れは取れません。一本の歯に対して1~2箇所隣接面があるので、ここの汚れが取れていないと、全体で4割程の汚れがそのままになっている事になります。どんなに丁寧に歯磨きをしても、歯ブラシだけだと6割しか汚れが取れないというのは、なかなか恐怖ですよね。歯ブラシだけのハミガキが習慣になっている方には、フロスの併用は面倒くさく感じるかもしれませんが、気付いたときから取り組んでみてください。せっかく丁寧にハミガキしているのに、もったいないですよ!